定年退職後の節約(固定電話)

固定電話を見直そう!

定年後のランニングコストを減らすため、私たちは固定電話を解約しました。

固定電話にかかってくるのは、ほとんどが「営業電話」ばかり。

「マンションを買いませんか?」
 → まだ、住んでる住宅ローンも残っているのに買えるかいっ!

「お墓を買いませんか?」
 → いやいや、先祖のお墓も墓じまいしようと思っているのに、いりませんて。

「不用品はありませんか?」
→ 不用品、とっくに整理しました。きれいサッパリ。お金にも替えました。

いちいち、応対するのもじゃまくさい。

ええ〜い、断るのもめんどくさ〜い!

固定電話が変なストレスを招いていました。

思い切って固定電話を解約

よく考えたら、この頃ほとんどの方は携帯電話にかけてきます。

固定電話って必要なん?

主人と検討した結果、

要らない・・・よね?

ということで、早速解約しました。
ちょうど、電話も不調でバッテリーが終わっていました。2分くらい話していると、ピッピッと音がして、切れていました。

解約して良かった点

変な営業電話がなくなり、ストレスがかからなくなりました。

毎月1500円ほど節約することができました。(ほとんど発信してなかったので、基本料のみですが)

オレオレ詐欺の電話がかかってくる心配が無くなりました。笑

解約の方法

NTTへ電話して、「電話を解約したい」と告げると、担当に繋いでくれます。

NTT東日本はこちら

NTT西日本はこちら

電話だけで、手続きはあっけなく終わります。聞かれるのは「いつから解約しますか?」という質問だけです。

ケーブルプラス電話やひかり電話にしている場合は、契約しているケーブルテレビ会社やフレッツ光に電話します。担当者に繋いでくれます。同じく、あっという間に終わります。

私たちのように固定電話の必要性をあまり感じない方は、一度見直してみてはいかがでしょうか。

注意
届出してある各所へ、電話番号を変更することをお忘れなく。