定年退職後の確定申告

退職翌年の確定申告

確定申告は、1月1日から12月31日までの収入を確定して税金を納めることです。

会社に勤めている場合、年末に年末調整が行われますが、年の途中で定年退職し、再就職していない場合、確定申告をする必要があります。確定申告をすると還付金が受け取れる場合があります。確定申告をして、払いすぎた税金を取り戻しましょう。

こんな人は確定申告を!
年の途中で退職し、年末調整を受けていない。
退職金を受け取った時、「退職所得の受給に関する申請書」を提出していない。


用意するものは、会社から発行してもらった「源泉徴収票」と個人で加入している保険の控除証明書、住宅ローンの控除のある人は住宅控除証明書です。

あと、1年間で医療費を10万円以上払った人は病院の領収書が必要です。

ふるさと納税をした人は、自治体のふるさと納税証明書も必要となります。

確定申告の期間

確定申告は、2月16日から3月15日までの期間中に行ってください。ただし、還付の申告の場合は、1月から受付が始まっています。2月16日からは申告が殺到しますので、1月に送るのをお勧めします。

また、申告を忘れていた場合でも、5年間は提出することができます。

近くにある税務署で申告書をもらって提出することができますが、家にパソコンとプリンターがあるなら、国税庁のwebサイトから作成するのが便利です。入力すると、最終的に還付される金額も計算されて出てきます。

国税庁のwebサイト

私たちも退職後の確定申告をすることで、税金が戻ってきました。