定年退職後の断捨離

不用品を整理しよう

私たち夫婦は、定年退職した後、生活を色々と見直してみました。

その結果、
1 退職後は個人事業主として働く
2 可能な限り生活費をコストカットする

そして、もう1つ。
人生の終盤に向かって、家にある不要なものを整理していくことにしました。
亡き両親の物も家で預かっていたので、物が溢れていたのです。私たちが片づけないと、将来的には子供達に迷惑がかかる。なんとか整理しよう。

整理したいものの一例を挙げると、

衣類
靴やカバン類
アクセサリー
食器
本、雑誌
DVDやCD、プラモデル、おもちゃ・・・

などです。捨てるにはもったいないので、できるだけお金に換えました。

古くて使わないものは思い切って捨てて、換金できるものは、エコリングやハードオフ、ブックオフに持って行きました。ネットオークションに出したりもしました。若い人ならメルカリでしょうか。

ただ、アクセサリーについては、金などの貴金属以外タダ同然の査定でしたので、もったいない。

フリマに出店しよう

そこで、フリーマーケットに参加して出店しました。

日本フリーマーケット協会というのが、あるのをご存知ですか?
私は自分が出品して初めて知りました。

このサイトを見て、居住地の近く(神戸)で開催されているフリーマーケットに、参加を申し込みました。インターネットで申し込みもできますし、出店料も払うことができます。

アクセサリーは、プロが使っている値札を買って付けたり、店の看板を作ったり、目立つように飾り付けも買いました。当日はキャンプ用のテーブルや椅子も持ち込み、10時から16時まで販売しました。

フリマの様子in 神戸


アクセサリー以外にも、カフスボタンやネクタイピン、衣類、草履、写真立て、文具なども売りました。

出店料2,500円を差し引いた儲けは3万円ほどでした。エコリングの査定では全部まとめて1,000円くらいでしたので、比較すると儲かったと言えますね。

多くの店が出店していたので、見て回りましたが、古い衣類はあまり売れないと言っていました。確かに、今では新品の服でもユニクロなどで買うと安いですからね。引き出物でもらったけど使っていないような物はよく売れていました。

フリーマーケットは、いろんな人と交流できますし、なかなか楽しいです。家も片付いて、お小遣いにもなるし一石二鳥です!